2020年5月29日
  • 4:07 AM どちらを選ぶべき?スマホ修理の正規店と非正規店
  • 4:07 AM スマホ修理で失敗をしないために重要な3つのこと
  • 4:09 AM 愛用するスマホでトラブル発生!どういった対応がベスト?
  • 4:09 AM スマホ修理の際に知っておきたい3つのこと!
  • 4:05 AM マーケティングオートメーションとは?できる三つのことを確認しよう

マーケティングオートメーションでできることは三つ

マーケティングオートメーションとは名称の通りでマーケティングや営業のために必要な業務を自動化することで、マーケティングオートメーションのためのツールやシステムが開発されてきています。一体何ができるのかがわからないという人にとってまず大切なのは、概要について理解することです。細かく何ができるのかを見ていくよりも、大まかにどんなことができるのかをイメージできるようになることを目指しましょう。大まかに全体像をつかむことができれば詳細の理解をしやすくなるからです。マーケティングオートメーションでできることは三つあるので、それぞれについて簡単に理解しておきましょう。

自動的なデータの取得

マーケティングオートメーションでできるのはまず自動的なデータの取得です。取り扱えるデータも幅が広いですが、マーケティングの入り口を作るために必要な顧客リストを取得できるのが特徴です。運営しているウェブサイトやECサイトなどにアクセスした顧客の性別や年齢などの属性情報を集約してリスト化することができ、そのリストに基づいたアクションを起こせるようになります。一方、マーケティングオートメーションのツールやシステムを介して営業担当やマーケティング担当がアクションをする仕組みにすれば、担当者のアクションの状況についてもデータを取得することが可能です。その状況に応じて配置変更や評価査定などができます。

自動的なアクションの実施

アクションの自動化も行えるのはマーケティングオートメーションの特徴です。顧客リストを作成してもその中からマーケティング対象とする顧客を抽出してメールやメッセージを送るのは大変な業務になりがちですが、ツールを使用すれば自動的に配信する仕組みを作り上げられます。定期的に登録してあるメールを特定の属性の顧客にだけ配信するといったプログラムを作成しておけば良いだけなのです。必ず配信されるのでヒューマンエラーによって顧客からの信頼を失うリスクも低くなります。

自動的な効果測定の実施

マーケティングオートメーションでは効果測定も自動化することが可能です。コンバージョン数などのECサイトを介した顧客のアクションの結果を集約して解析したデータをレポートしてもらえる仕組みになっています。その結果に基づいてどんな形でECサイトを改善したら良いか、マーケティング手法をどんなものに変更すべきかを考えることができるでしょう。効果測定はマーケティングにおける基本なので自動化できるのは魅力的です。

マーケティングオートメーションとは、人手で行う営業活動をデジタル化しコスト削減と効率化を図ることを表します。

RELATED ARTICLES