2018年7月18日
  • 4:12 AM 取引するなら頭に入れよう!仮想通貨売買のメリットとデメリット
  • 4:10 AM スマホが壊れた?!慌てずにすべきこと3つ
  • 4:04 AM プライバシーの侵害!慰謝料は請求できる?3つの方法と金額の相場
  • 4:04 AM こんな方法もあったんだ!ホームページの作成方法
  • 5:32 AM 白熱電球や蛍光灯と何が違うの?LED照明の特徴とは

プライバシーの侵害!慰謝料を請求する3つの方法

「過去の病歴」「収入及び家計」などの知られたくない個人情報を、本人の承諾なしに公開されて日常生活に支障があった場合は、どういった方法で加害者側に慰謝料を請求できるのでしょうか。一般的に慰謝料を請求する方法として「内容証明により請求」「調停による請求」「裁判による請求」が知られています。まず被害内容を文面に記して加害者側に送付する「内容証明により請求」する方法は、文書を送った詳細が郵便局に記録されているため「言った、言わない」「聞いた、聞いてない」というトラブルを回避できるメリットがあります。ただし内容証明は、あくまで郵便局が証明してくれる一般書留郵便物なので法的効力を持ちません。解決が見込めない場合「調停」や「訴訟」のステップへ進む必要があります。「調停による請求」は簡易裁判所で話し合いの場所を開き、解決を目指す方法です。話し合いの結果、当事者双方が合意し調停が成立すれば、判決と同等の効力を持つ「調停調書」が作成されます。もし慰謝料の支払いに相手が応じなかったとしても、法的に強制執行が認められます。「裁判による請求」は、法廷でお互いの主張を法律に基づいて判断し、和解や合意が得られなかった場合は、過去の判例や相場などから合理的な金額を裁判官から言い渡されます。

プライバシーの侵害!慰謝料の金額に相場はあるの?

社会的な影響力を持った有名人の事例に例外はあるものの、一般的にプライバシーの侵害による慰謝料の請求金額は、100万円を下回るケースが大半だそうです。報道機関がプライバシーの侵害を起こした場合は比較的金額が大きくなる一方で、近年では一般人同士によるプライバシー侵害の案件は、10万円前後の金額に落ち着くことが多いようです。

シュレッダーは電動式や手動式、裁断形状の違いや一度に投入できる枚数の違いなど様々なタイプのものがあります。

RELATED ARTICLES