2018年7月18日
  • 4:12 AM 取引するなら頭に入れよう!仮想通貨売買のメリットとデメリット
  • 4:10 AM スマホが壊れた?!慌てずにすべきこと3つ
  • 4:04 AM プライバシーの侵害!慰謝料は請求できる?3つの方法と金額の相場
  • 4:04 AM こんな方法もあったんだ!ホームページの作成方法
  • 5:32 AM 白熱電球や蛍光灯と何が違うの?LED照明の特徴とは

白熱電球や蛍光灯より寿命が長いこと

LED照明は、白熱電球や蛍光灯より寿命が長いのも大きな特徴です。光束が一定値を下回った瞬間が寿命となっており、突然点かなくなることはほとんどありません。

白熱電球より発光効率が高いこと

LED照明は白熱電球より発光効率が高く、省電力になっています。照度を確保するときに、器具台数を削減できるのが大きなメリットです。技術開発によって発光効率は年々向上しており、高効率な蛍光灯にも迫りつつあります。

点灯の応答性が良いこと

LED照明はスイッチを入れるとすぐに明るくなります。熱を利用せず、電子の正孔再結合による発光原理を用いているのが特徴です。停電や瞬時電圧低下によって、立ち消えが発生することもありません。照明のオンオフ回数が多い廊下やトイレにも向いています。スイッチが自動制御される、人感センサー付きタイプも便利です。

白熱電球や蛍光灯よりも発熱が少ないこと

LED照明は発光面の発熱が少なく、ランプに触れて火傷する心配もありません。熱の影響を受けやすい、植栽や外壁のライトアップにも最適です。LED自体は高温に弱いため、熱を逃がしやすい設計で作られています。白熱電球のように極端に温度が上がることはありません。熱のこもりやすい場所は、密閉器具対応のLED照明を選びましょう。

光出力が周囲温度に影響しないこと

LED照明は周囲温度による影響がほとんどなく、室温が変化しても明るさは変わりません。冷蔵庫など温度の低い環境でも、高い光束を維持できます。放熱不良や異常発熱による寿命の低下を防ぐには、設置場所と寿命についての配慮が必要です。

ledパネルとは、内部側面に配置した複数の高輝度なledを光源としてデザイン面を照らす広告看板です。

RELATED ARTICLES